パッケージデザインの予算

HOME » パッケージのデザイン » パッケージデザインの予算

パッケージデザインの予算

・パッケージデザインにいくら必要?
パッケージデザインを依頼するときには料金がかかります。
予算としてどれくらい必要なのか、あらかじめ確認しておきたいですよね。
これは会社によってシステムもかなり違うのですが、どんな感じになるか例をご紹介しましょう。

あるデザイン会社で行われているパッケージデザインの例ですが、まずデザイン案を依頼人の方で詳しく決めている場合、必要な料金は3〜5万円となります。
デザインの具体案はないものの、依頼人の希望に合うデザインを制作してもらう場合、必要な料金は5〜7万円となります。
最後に、デザインを丸投げに近い形で作ってもらうときには7〜10万円といった予算となります。
このようにパッケージデザインで必要な予算は依頼内容によって変わるケースも多いです。

・必要な予算の決まり方
パッケージデザインにかかる予算の決まり方についてですが、依頼するデザイン会社などで必要な対応が増えるほど料金が増えることが多いです。
なるべく料金を抑えたいときには、デザイン案を依頼人が主に制作するといいです。
このようなパッケージデザインがいいと、すでに依頼人の方で案を作っておきます。
その上でデザイン会社などに制作の依頼をするのです。

このときはデザイン会社の方で一からデザインを作るといったことは必要なくなり、言われたとおりに仕上げるだけですから料金も安くなり、必要な予算が減ります。
このようなデザインがいいという強い希望があったり、何らかの事情でデザインの制限が強く、一からデザインできる余地があまりなかったりするなら、このような依頼がお得でおすすめとなります。

・依頼内容で予算が変わる
しかし実際にはデザインの制限などは特になく、自分でデザインをするのが難しいからプロへの依頼を考えている方が大半でしょう。
そのような方はデザイン会社に一からデザインを作ってもらう方向で依頼を考えることになりますが、このときもなるべく依頼相手の作業量を減らすべく、希望する方向性をなるべく指定していくといいです。
こうすることで比較的安いコースを選びつつ、デザイン会社にパッケージをデザインしてもらえます。

どんなものがいいのかよくわからない、むしろプロに一からデザインをすべて任せたいというときは、一番高いコースになることが多いです。
必要な予算もどうしても高くなるのですが、その代わりに丸投げに近い形で依頼ができ、しかもプロが完全に一からデザインを作ってくれるため、予想を超えるいいデザインが上がってくる可能性も高くなります。
このようにパッケージデザインに必要な予算は依頼内容にも左右されます。
自分が頼みたい内容に応じて選ぶといいでしょう。