パッケージデザインの色はどうする?

HOME » パッケージのデザイン » パッケージデザインの色はどうする?

パッケージデザインの色はどうする?

・パッケージデザインの色
パッケージデザインを作るときに色はとても大事です。
自分でデザイン案を考えるときはよく注意してデザインしたいところですが、デザイナーに作ってもらうときにもこのポイントは知っておくといいです。
色によって与えるイメージが変わるため、安易にリテイクを出したり、色の指定を依頼人の方で決めてしまうと、その商品のイメージにそぐわない色に決定してしまう恐れがあるためです。
色はその商品全体の印象を左右することもある大事な条件ですから、戦略的に決められるのがベストですね。

・色の持つイメージ
色にはどんなイメージがあるのでしょうか?
たとえば赤が与える印象とは、生命力の強さ、情熱的、勝利、成功といった力強いイメージを与える色です。
また、濃い赤は注意を引き付ける力の強い色です。
商品の背景を赤にし、その中に商品の画像やイラストを入れたり、商品名のロゴを入れたりすると、力強いイメージのパッケージになりますよ。
さらに赤は食欲を想起する色でもありますから、食品のパッケージデザインに採用すると訴求力が高くなります。

では青にはどんなイメージがあるでしょうか?
青が与えるイメージは安らぎ、落ち着き、安心感、清潔感、爽やかさといったイメージです。
このようなことから、それらイメージにマッチする商品パッケージによく使われます。
たとえば石鹸やソープなど、青がパッケージデザインに使われることもよくあります。
青が持つ清潔感といったイメージが商品の内容にマッチするためです。

このほか、つらい症状を和らげる市販の医薬品のパッケージデザインにこの色が使われることもあります。
症状を落ち着かせるといった効果は青が持つイメージに合っているからですね。
あまり食品のパッケージデザインには使われません。
青は食欲を減退させる色として知られているためです。
しかし青には爽やかさのイメージもあるため、クールさやスッキリさを売りにした一部の食品でパッケージデザインに使われることもあります。
このように色は特定のイメージを想起させるため、これから作る商品のパッケージデザインに合っている色を使えるのが理想です。

・デザイナーとよく相談しよう
これら色の持つイメージや、それを生かした商品パッケージのカラーリングについてはデザイナーがよく知っています。
どの色がどのようなイメージになるか、依頼人の方で完璧に把握できなくても問題はありません。
これから作る商品のパッケージデザインとして何色がふさわしいと思うか、デザイナーとよく相談して決めるといいでしょう。