HOME » パッケージのデザイン

パッケージのデザイン

パッケージデザインの良いサンプル

・パッケージデザインのサンプルはある?
パッケージデザインはプロに依頼するにしても、どんなデザインがいいのか、ある程度のイメージがあると希望通りのものが完成しやすくなります。
プロに一からすべて作ってもらう方法もあり、これもおすすめですが、希望の方向性も特に決まっていないと、自分がいいと感じるデザインが提案されるまでに少し時間がかかることもあります。
ある程度希望を固めておきたいときに参考になるのはサンプルですが、良いサンプルはあるでしょうか?
パッケージデザインの良いサンプル の詳細へ

パッケージデザインの効果

・いいパッケージデザインにすると?
パッケージデザイン自体は誰にでも可能ですが、それがよりよいデザインにするためにはプロへの依頼などがおすすめとなります。
そのためにはお金もかかりますし、自分の希望するデザインを相手にうまく伝えるための手間もかかります。
そうまでしてもパッケージの依頼をするといいのは、いいデザインには高い効果があるためです。
パッケージデザインの効果 の詳細へ

パッケージデザインのアイディア

・アイディアはどうする?
パッケージデザインをこれから作るためにはなんらかのアイディアが必要になりますよね。
これはどうやって作ればいいでしょうか?
まずその商品のパッケージデザインとしてすぐに頭に浮かんだものをアイディアとしてメモしておくといいです。
そのアイディアがそのまま使えるとは限りませんから、多少のブラッシュアップをするとなおアイディアとして使いやすくなりますよ。
パッケージデザインのアイディア の詳細へ

パッケージデザインの依頼

・パッケージデザインの依頼をしたい
パッケージデザインを依頼することを決めたら、まずはインターネットなどを使って依頼先を探してください。
依頼したい相手を見つけたらコンタクトを取っていきます。
連絡方法はメールやWEBフォームがあります。
HPをチェックしている場合、そちらのサイトから依頼の相談ができる場合が多いですから、連絡フォームがないかチェックしてみてください。
パッケージデザインの依頼 の詳細へ

パッケージデザインのポイントとは

・デザインのポイントは何?
パッケージデザインをするときに大事なポイントは何でしょうか?
デザインといえばおしゃれなことが何より大事だと思えるかもしれませんが、それがパッケージデザインになる場合、大事なのはわかりやすさとなります。
パッとその商品のデザインを見て、何の商品なのかがわかることが大事です。
パッケージデザインのポイントとは の詳細へ

パッケージデザインの色はどうする?

・パッケージデザインの色
パッケージデザインを作るときに色はとても大事です。
自分でデザイン案を考えるときはよく注意してデザインしたいところですが、デザイナーに作ってもらうときにもこのポイントは知っておくといいです。
色によって与えるイメージが変わるため、安易にリテイクを出したり、色の指定を依頼人の方で決めてしまうと、その商品のイメージにそぐわない色に決定してしまう恐れがあるためです。
色はその商品全体の印象を左右することもある大事な条件ですから、戦略的に決められるのがベストですね。
パッケージデザインの色はどうする? の詳細へ

商品のパッケージデザイン

・商品パッケージデザインは必要?
商品パッケージデザインは必要かどうか、これから商品を作るときには少し気になりますよね。
これのメリットはいいデザインにすることで消費者への訴求力が上がり、多くの商品の中から選ばれやすくなることです。
商品は同じでもデザイン一つで売れるときと売れないときとがありますから、その商品が多くのライバル商品と並んで陳列され、その中で売れる商品としたいならパッケージデザインはかなり力を入れるのがおすすめとなります。
デザインにこだわらなくてもあまり問題ない場合はいいのですが、あまりそのような商品は多くないのが実情です。
商品のパッケージデザイン の詳細へ

パッケージデザインとは

・パッケージデザインとはどんなもの?
デザイン制作のプロにパッケージデザインの依頼もできるのですが、そもそもパッケージデザインとはどんなものか、この言葉を見ただけではよくわからない方もおられるでしょう。
これは商品を包んでいる外装のデザインのことです。
商品とはむき出しで売られているわけではなく、なにかパッケージに入って売られていることが多いですよね。
そのパッケージのデザインになるのがこのデザインです。
パッケージデザインとは の詳細へ